何を目的とするか


学生が勉学に励む際、明確な目標として設定されるのが「受験」です。
将来の夢や目標を叶えるためには、それに近づいていく方法を学ぶ必要があります。そのためには、きちんとした教育体制の整った学校で学ぶことが必須となります。
ただ、義務教育の範疇から外れた学校に入学するためには「受験」という壁を突破しなければなりません。
学校に偏差値や人気によって受験での競争は非常に厳しいものとなります。そこを勝ち抜いていくためには、ライバルよりも努力するしかないのです。

塾、家庭教師、予備校の活用は、まさに受験に適していると言えます。学校はあくまで集団での教育が主導であり、それぞれの生徒に合わせた学習は不可能です。
よって、学習進度や理解度に個別差が発生してしまいため、受験というハードルを超えるには不十分な教育しか受けられない恐れがあります。
塾、家庭教師、予備校は学校とは一味も二味も違った、受験のために必要な教育を叶えることができます。
目的を受験と定めるのであれば、学校教育だけに留まるのではなく、塾・家庭教師・予備校などの活用が有効だと言えます。